但馬牛販売店

但馬牛とはどんな品種のこと?

但馬牛とは

但馬牛とは、兵庫県で生育されている黒毛和牛のことで、外国種との交配が一切ない国産純血種です。ただし、「但馬牛」として出荷するためには幾つかの条件を満たしている必要があります。

 

1つ目は「父親である牛も兵庫県で生まれた和牛であること」です。これによって純粋な血統を守るための配慮がなされています。

 

2つ目はその中でも「但馬牛流通推進協議会」によって認可を受けた牧場で誕生・飼育された牛であることです。

 

そして3つ目は「生後28カ月から60カ月の間であること」です。2歳未満の若い牛や5歳以上の牛である場合、出荷することは可能であるものの、「但馬牛ブランド」としての販売はできない、ということになるわけですね。

 

4つ目は「兵庫県内にある食肉施設に出荷されたものであること」です。つまり、県外の食肉センターを介して市場に出たものは「但馬牛」としての認定は受けることができない、ということですね。

 

兵庫県の北部にある豊岡市周辺はかつて「但馬」という名称で呼ばれていたため、その名残でこの名前が定着したと考えられています。

 

但馬地方では古来から牧畜が盛んに行われており、近畿地方や東海地方を始めとして各地に出荷されていました。やがて牛肉を食用とする文化が広まると、質の高い但馬の牛はあっという間に全国規模で人気を集めることとなり、現在に至るまで高い人気を誇っています。

うまい肉をお取り寄せするなら但馬牛や三田和牛販売店のミートマイチクさんがおすすめです

ミートマイチク

高級和牛のお肉をリーズナブルな価格で楽しみたい、という人には但馬牛専門店のミートマイチクさんでお肉を購入することをおすすめします。

 

ミートマイチクでは「但馬牛」と「三田和牛」のさまざまな部位をお値打ち価格で販売しています。特に、三田和牛は「おいしいお肉を手頃な価格で楽しんでほしい」という生産者の願いに基づいて生産・販売が行われている品種なんです。

 

ネットでお肉を買うのってどうなの?と思う方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、ミートマイチクさんでは当日カットしたお肉をすぐに急速冷凍して配送するので鮮度は抜群。

 

また、熨斗(のし)やギフト袋、メッセージカードをご希望であれば無料でつけてくれるので「お中元やお歳暮にお肉のギフトを贈りたい」といった方でも安心です。

 

さらに、ミートマイチク会員になれば割引ポイントが溜まったり、特集ページのお肉が会員価格で購入できたりと入れたり尽くせりなんです。

 

おいしいお肉屋さんを探してます」って人は、是非一度ミートマイチクさんでお肉をお取り寄せしてみて下さい。ハマること間違いなしですので。

 

⇒うまい肉をお取り寄せするならミートマイチク

但馬牛と神戸ビーフの違いって何?

但馬牛と神戸ビーフの違い

但馬牛」と「神戸ビーフ」は同じものとして分類されることが少なくありませんよね。とはいえ、実際にはまったく同じものを指しているわけではありません。

 

では、但馬牛と神戸ビーフの違いとは何でしょうか。「但馬牛」とは、兵庫県内で生産されている純血種の黒毛和牛を指しています。

 

一方、実際の「神戸ビーフ」は、但馬牛として生産・加工される牛肉の中でも、一定の条件を満たした品質の商品しか表示することを許されていない、特別な商標なんです。

 

神戸ビーフとして認められるためには、4つの条件を満たしている必要があります。1つ目は「メス牛なら出産を経験していないこと、オス牛なら去勢されていること」が条件となります。

 

2つ目は「脂肪の量を示すBMS値が12段階中6以上であること」です。脂肪がほとんど入っていない肉は神戸ビーフとは認定されない、ということですね。

 

3つ目は「肉の取れる割合を示す歩留等級がA(優良)もしくはB(標準)であること」です。霜降り肉でも肉がほとんど取れない場合はやはり認定を受けることができないわけですね。

 

4つ目は「頭部や足、内臓などを取り除いた肉の重さが規定値以内であること」です。オス牛は260kg以上470kg未満、メス牛の場合は230kg以上470kg未満が規定値となっています。